ワイシャツの襟や袖の汚れ

こんにちは。
大型コインランドリー マンマチャオ上尾大谷本郷店です。
いつもご利用いただきありがとうございます。

今回は、ワイシャツの襟や袖の汚れについて、お話ししたいと思います。

普通に洗濯してもなかなか落ちない襟や袖の汚れ。

汚れの原因は、ズバリ、汗と皮脂です。

皮脂ということは、油です。
油は水と馴染みにくいという性質があります。
それに加え、生地が擦れる場所なので、汚れが繊維の奥深くまで入り込み、
普通に洗濯しても汚れが落ちにくくなります。

そんな皮脂汚れには、酵素が有効です。
(油汚れなので、食器洗い用洗剤を使うという手もあります)

というわけで、洗剤選びが重要になってきます。

酵素入りの洗剤が良いわけですが、
ただ単に酵素入りの洗剤を使えば良いというわけでもありません。
ポイントは、水温と時間です。(食器洗い用洗剤でも同様です)

以下の方法を試してみてください。
40℃~50℃くらいのお湯に酵素入りの洗剤を入れ、
(熱過ぎると酵素が働きません)
汚れた襟や袖を漬けて、30分~1時間ほどそっとしておきます。

あとは、ぬるま湯で洗剤を洗い流し、洗濯機へ。

この方法でも汚れが落ちない場合は、一度すすぎ、
酵素入りの洗剤を直接塗って、もみ洗いしてから放置します。

更にこれでもダメなら、酵素系の漂白剤の出番となります。

ワイシャツの素材によっては、酸素系漂白剤が使用出来ず、
「酸素系漂白剤使用禁止」と明記してあるものもあります。
タグの取り扱い絵表示などを、必ず確認するようにしてください。

時間がかなり経って、黄ばんだ汚れには、酵素はあまり効きません。
漂白剤の出番です。
そして、漂白剤も水温と時間がポイントです。
漂白剤は水温が高ければ高いほど、汚れ落ちが良くなります。
酵素と同様に、時間に関しては長いほど良いと言われています。

汚れに応じた洗剤を使用し、適切な温度や時間を知れば、
今まで手こずっていた襟袖の汚れもスッキリ落ちるかもしれません。

襟袖の汚れにお困りの方は、是非お試しください。

Yシャツ

ワイシャツの襟や袖の汚れ” への3件のフィードバック

  1. ピンバック: Cialis prices

コメントは受け付けていません。